Steemitの使い方4 「トークンの仕組みを知ろう」

Pocket
LINEで送る

Steemitの使い方その4 報酬の仕組みトークンの仕組み編


前回は投稿のやり方を学びました。

さて、投稿をしてあとはupvoteをもらって報酬を待つだけです。
以前STEEM、STEEM POWER(SP)、STEEM DOLLARS(SBD)の3つのトークンで成り立ってることはなんとなく書きましたが、今回は詳細を解説したいと思います。

Steemitで流通する3つのトークン

STEEM=通貨

Steemitの基準となる仮想通貨であり、多くの取引所で売買されている。「最終的には」このトークンを多く保有することが望ましい結果でしょう。

STEEM POWER(SP)=戦闘力

ドラゴンボールでいう戦闘力、ワンピースでいう懸賞金、キン肉マンでいう超人強度。つまるところSteemit内における影響力です。多く保有すればupvoteした際に著者が受け取る報酬額は大きくなり、同時にキュレーターとして得られる報酬額も大きくなります。つまり保有額が多くなればなるほどより多くの報酬を得られるようになります。

STEEM DOLLARS(SBD)=固定通貨

価値が約1USDに固定されたトークン(完全固定ではなく、金利によって操作されている)。価値を固定して何の意味があるのかと言えば、価格の上下が激しい通貨では取引をする上で不都合が多く生じます。そうした不都合を解消するために固定されているのです。

3つのトークンがあるためちょっとつまづきやすいですが一度概念を理解できればどうということはありませんね!

3つのトークンの相互変換

では3つのトークンは相互に変換が可能なのでしょうか?
それを表したのが下記の図になります。

上記の図を見てもらうとSTEEM POWERだけは簡単に変換できないことが分かります。




売買無しでSTEEMを早く増やす方法は?

最初に大量の資金投入をしない前提で考えてみます。

記事をマジメに毎日書く

当たり前のことではありますが、毎日書くことで期待値は上がります。毎日報酬が入る事でモチベーションも上がります。しかしだからといって無闇に中身のない記事の連投はやめたほうが良いでしょう、upvoteは良かった記事につくことが前提です。

積極的にupvoteする

SPが少ない初期は特にリスクなくupvoteができます。良いと思った記事があったら積極的にupvoteしましょう!そこから交流が始まります。
また特に良いと思った記事にはコメントしましょう。これはSTEEMを貯めるとか抜きにして書いてる人のモチベーションが上がります。


このようなやり取りで心温まるひとときを過ごせます…

日本人コミュニティで活動する

前回も説明しましたが日本人が集まるチャットがあります。そこではお互い投稿した記事を宣伝したり、わからないことがあれば助け合います。
その場合にはしっかりメインタグにjapaneseを付けましょう。

日本人コミュニティチャットは下記から登録してログインしてchannel名が「japan」
https://steemit.chat

報酬設定はSP50%/SBD50%にする

SP50%/SBD50%がいいのか、SP100%がいいのかこれは私も厳密な計算をしたわけではないので確信はありません。しかし後述のrandowhale等のupvoteBOTサービスを利用する際にはある程度のSBDを保有しておくことが望ましいです。

randowhale等のupvoteBOTサービスを利用する

また別記事にて詳細を書くつもりですがupboteBOTサービスとは「upvoteを買う」サービスです。私はいつもrandowhaleを利用しており、1SBD(たまに0.5SBD)送るとBOTが保有する数十万SPの2%~5%をつけてupvoteしてもらえます。だいたい1$~1.8$くらいつくのでお得です。

詳しくはプロSteemerのinoue先生の記事が分かりやすいです。

BOTが眠ってる時もあるのでSBDを送付する前に必ずチェックしましょう!

まとめ「効率性よりもモチベーション維持が大事!」

収益を最大化も確かに重要です。しかしそれ以上にブログもSteemitも継続力が大事です。そのためには書くことに対するモチベーションを常に高くしなければなりません。書いていくとなかなかネタが思いつかないこともあります。あまり効率的な変換や増やす方法にとらわれ過ぎず、楽しんで書くことが一番の増やす近道だと思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

現在スパム対策のプラグインを入れています。もしスパムでないのにコメント投稿できない場合にはお手数ですがツイッターでお声がけください。