10月のトレードは大勝負に出るため戦略を考える

Pocket
LINEで送る

10月はちょっと金額を大きくして勝負に出ようと思います。
完全なる死亡フラグな気もしますが…。

ただ最近反省すべき点が多いため自分の中でしっかり整理しておこうと思います。

ホールドの分類を整理

ガチンコホールド

低価格帯の草コインのMOONやすぐに上がりそうにないが長期的に期待できるXVGなどは動かなくてもガチホする。ただし、上昇した際には欲張らずに利確することです。これはDentacoin(DCN)で2倍で利確できたところを1.5倍まで落としてしまった時に学びました。

高回転ホールド

長期的にも上がり且つ短期的にもボラティリティのありそうな銘柄は利確をしっかり行っていく

利確の重要さは最近紹介することの多いBillionaire Token(XBL)で痛感しました。
※知らない人は下記の記事を読んでください

ガチホを前提としていたために利確をしなかったのですが、ボラティリティのある通貨はすぐに下がる可能性も大きいため結果的に再度上がるにしてもその間の回転を考えるとロスが大きいと感じました。

Billionaire Token(XBL)の例で言えば欲張らずどこか納得のできる範囲で指値を張っておくべきだったでしょう…。

そして利確してから上がっていくのを悔しがりつつもどこまで落ちたら買うかをまた検討すればよかったのです。

10月は5つ前後の銘柄売買を検討

リスク分散を考えて銘柄を5つほどに分けて取引するつもりです。
「長期的に期待できる中身のしっかりした銘柄+短期的にもチャートの形が良い」です。しかし長期的に期待できるというのはプロジェクトがしっかりしているため上昇期待を意味し、ガチホするわけではありません。

10月のテーマは利確と早期撤退

上で言った利確に加えて11月にはビットコインのハードフォークが行われる可能性があるため早期撤退が原則です。HFしない可能性もあるとのことですが、可能性があるうちは弱気な相場が予想されるため早めに手仕舞いします。そして下落を見守りつつ正式に方針が決定された時に底を判断して買うべきでしょう。
HF後は…うまくいけば上がるはず!と思いますが開発が失敗する可能性もあるんですよね。

というか最近の軟調な動き怖すぎませんか?これが上がる前触れなのか下がる前触れなのか…しっかり買うコインを吟味して臨む必要がありそうです。
第2、第3のBillionaire Token探すぞ!!!日々勉強!

皆さんももし良いアルトコイン知ってたら教えてください^0^

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

現在スパム対策のプラグインを入れています。もしスパムでないのにコメント投稿できない場合にはお手数ですがツイッターでお声がけください。