究極の銘柄 最終章「新銘柄も追加してアルトコインロケット!」

Pocket
LINEで送る

究極の銘柄もついに最終章へ突入!

始まりは30万円から100万円チャレンジ企画でした。この企画がどんな銘柄を買って100万円を達成できるかということを考える切っ掛けとなりました。

※ここまでの経緯


そして物語はいよいよ最終章へと入りました。

ビットコイン暴騰!そして下落!

ビットコインゴールド(BTG)という買い材料を得てついにビットコインは70万円に達しました。そしてBTGの配布前後でビットコインは大きく下落…62万2000円まで下がりましたが記事投稿時点ではまた押し戻しています。私は敢えて暴落ではなく下落という言葉を使いたいと思います。この下落のインパクトは前回のハードフォークには遠く及びません。

アルトコインの仕込みは8割完了

いよいよアルトコインの仕込みは8割完了しました。8割というのは私が持っていたBTCの8割をアルトコインに変えたということです。フィアットはFX用に少しあるだけなのでほぼアルトコインが資産になります。

Lisk(LSK)

今回一番仕込んだのはLiskです。もはや解説は要りませんね。

Verge(XVG)

Liskに次いで買ったのがこのXVG…控えめに言って700satoshiくらいまで伸びて欲しい!

■アップデート内容紹介記事

しかしXVGは素直に上がらないのがいつものことです…

NEM(XEM)

買い材料は多くあります。ただそこまで強烈な上昇が見込めるかは正直微妙だと思ってます。

DASH


Zcashとギリギリまで迷って買ったのがDASHです。

KuCoin Shares(KCS)

最近よく話題を耳にするKuCoin自体は2017年9月にできた香港に拠点を置く海外取引所です。そして同取引所のトークンがKCSになります。KCSを保有していると毎日同取引所の手数料の一部が利息のように分配されます。ただ私はさほどこの分配には期待しておりません。

私が期待しているのは4半期毎のBurn、KuCoin取引所自体の成長に応じた値上がり、近日の11月15日予定のモバイルアプリのリリース、そして10月28日の注目銘柄であるRed Pulse(RPX)の取り扱い開始です。これらの材料もあり今後の成長を見込んで厚めに買いました。ちなみにRPXも買う予定です。

もちろんリスクもあり、この取引所のやり方を疑問視する声があるのも知っています。しかし私はこれから取引所や取扱銘柄が伸びることを見込んだ先行者利益を重視します。まあちょっと先行者というには遅れた感はありますが、BTCから資金が流れている今は良いタイミングだと思ってます。

KCSのチャート

■KuCoin
Kucoin(海外取引所)

※追記
KuCoinへの登録でメールのリンクから飛んでもロードが終わらず登録できない場合があります。この場合には「Resend」でもう一度メールを送ってもらい、そのリンクからもう一度ロードすると登録完了できます。

今後の判断は難しい

アルトコインを仕込み、幸い今のところ上昇しています。しかしこの後はビットコイン(おまけにビットコインキャッシュも)ハードフォークを控えています。この下落でアルトコインはつられて下落するのか、それとも資金が流れて上昇するのかは難しいところです。

ただ今回BTCが「思ったほど」下落しなかったように当初多くの人が考えたシナリオはまた変わってきてると思います。ハードフォークもこれまでの多くの人が考えたであろう共通認識を一度ゼロにして考えるべきかもしれません。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

現在スパム対策のプラグインを入れています。もしスパムでないのにコメント投稿できない場合にはお手数ですがツイッターでお声がけください。