仮想通貨取引で月曜日は入金があるから上昇は本当?検証してみた

Pocket
LINEで送る

月曜日の入金上げとは?

よく明日は月曜日だから入金上げが期待できる!というような言葉を耳にするかと思います。月曜日の入金上げとは月曜日になると銀行入金が反映されるので新たに資金が市場に出て価格の上昇が期待できるという意味です。

しかしこれって本当なんでしょうか?私はこの手の話を実際に調べて可視化することが大好きな根暗野郎なので実際に調べてみました!

ちなみに調査前の私の予想は「もっともらしいけどなんだか嘘くさいなー、どうせロンガーのポジトークだろう」という感じです(笑)

調査の条件

調査方法は単純明快!今年に入ってからbitFlyerのビットコインの毎週月曜日における日足チャートが陽線・陰線がいくつずつあるか調査。比較対象として平日でない日曜日もあわせて調査しました。




調査結果

日曜日

日数:45日間
陽線:28日(62.22%)
陰線:17日(37.78%)

月曜日

日数:45日間
陽線:33日(73.33%)
陰線:12日(26.67%)

その差は5日間(10%)

この10%という数字…大きいと取るか小さいと取るかは人によると思いますが、私は小さいと思っています。他の曜日まで調べる気力はなかったですが、月曜日より上がってる曜日もあるんじゃないでしょうか?

もちろん「それは相場の流れやトレンドがあるんだから一概に10%しか差が無い、小さいとは言えないのでは?」という意見も分かります。しかしそれはやっぱり月曜日だから入金上げになると軽々しく言えないことを意味します。

よって、私は強い反証もないため月曜日は入金上げ!を強く否定はできませんが上昇するとまでは言えないと考えました。少なくともその言葉を信じて買うほどの材料では無いでしょう!

逆にもし「いやいやそれは違う」というご意見がありましたら教えて頂けると幸いです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

現在スパム対策のプラグインを入れています。もしスパムでないのにコメント投稿できない場合にはお手数ですがツイッターでお声がけください。