仮想通貨GOXのリスクと対策を考える「数百万GOXしそう なう」

Pocket
LINEで送る

どうも、GOXフミ助です。最近あらゆるGOXリスクに見舞われていて戦々恐々の日々です。

本当に数百万レベルのGOXするかしないかの瀬戸際にいます。

私自身の恐怖体験を共有することで皆さんにもきちんとGOX対策をしてもらおうという記事になります。

GOXとは?

もはや仮想通貨トレードをやってる人にとっては日常会話用語であるGOX…元は日本に拠点を構えた取引所のMt.Gox社のことを指しています。

このGOX社が経営破綻したことから転じて「GOX(する)=破綻、失う、無くなる」といった動詞的な使い方をするようになりました。

GOXリスクを背負った時の精神状態

詳細は後述しますがここ数日私はあらゆるGOXリスクを背負っています。この時には以下のような症状が現れます。

  • やる気が起きない
  • 食欲が出ない
  • 頭が回らない
  • ポジションに自信がなくなる
  • GOXした時の金額を数えてしまう
  • お金を使う気が起きない

というわけでメリットは当然何一つありません。

取引所GOXのリスク

取引所GOXのリスクとは

ここ数日 通称「魔界」のCoinsMarketsがGOXの危機に見舞われています。新規銘柄上場・新規登録者続出によりサーバーが耐えられずサーバー大規模メンテナンスで現時点で約7日間取引・出金等ができません。

というわけで私の預けてある資金はCoinsMarketsがサーバー復旧できなかったり、最悪持ち逃げされた場合には全てなくなってしまいます。このようにMt.Gox事件同様に取引所がポシャった場合にはお金が返ってこない可能性が非常に高いです(Mt.Goxは返ってくる可能性があるそうですが、それでも長い時間を必要とします)。

取引所GOX対策

①ウォレットに避難させる
一番根本的な対策です。パソコン等にウォレットをダウンロードして預けるのがベター、ハードウェアウォレットがベストでしょう。ただハードウェアウォレットも正規のところから購入しないといけないとか、送金がメチャメチャ遅いとか面倒な部分もあるそうです。

②小規模取引所に預けない(あるいは取引しない)
CoinsMarketsは魔界という名称からして小規模な取引所です。このような取引所に預けっぱなしはリスクが高いです。普通に考えれば当たり前なのですが、預けてる時はまさか自分がこのような事になるとは思わないものです(だからこそお伝えしたい)。

ウォレットGOXのリスク

ウォレットGOXのリスクとは

先日まで私はPinkcoinのウォレットが同期しない事態に陥っていました。ウォレットが正常に作動しなければ、当然その中にある通貨は一切動かせません。

Pinkcoinについての関連記事

で、この銘柄本当に面白くて10月から応援のためガチホしてたんですが最近のアルト上昇でBTC建てで利益、フィアット建てだと2倍くらいになってました。やったぜということで喜び勇んでPoSのためにウォレットに入れていたPinkcoinを迎えに行くとなぜか全く同期ができません。

色々調べて試すもうまくいかず…数十万円単位のGOXが頭をよぎります。しかしそこはコミュニティの力!ツイッターからDiscordのPinkcoinコミュニティに案内頂き色々と御指南を頂いて再インストールやフォルダ・ファイルの整理をした結果、なんとか同期させることができました!本当にただただ感謝しかございません。コミュニティが強いコインは伸びるという事を身をもって体感しました。

もし一人で全て対応していたら数十万円GOXしていたと思います…またツイッターでも過去に他の銘柄でウォレットが原因でGOXしたという方がやはりいらっしゃいました。

ウォレットGOX対策

①こまめなバックアップ
ウォレットはこまめにバックアップしておきましょう。

②コミュニティで指示を仰ぐ
分からない事があったら調べた上で日本人コミュニティで聞きましょう。よく分からず削除や再インストールをしてしまうと、その後どうやっても取り出せなくなる可能性があります。

③データの保全
更に言うならば地震雷火事親父でHDDが壊れてしまう可能性もあります。データセンターで預かってもらうのが安全でしょうが、いちいちそんなことはできません。せめてパソコンが壊れそうなら他のPCに移す等が必要ではないでしょうか。

スマホGOXのリスク

スマホGOXのリスクとは

多くの人が二段階認証を設定していると思います。そしてそのアプリはスマホにインストールされています。もし突然このスマホが故障してしまったら当然、ログイン・取引ができなくなってしまいます。そして修理出来ないとすればメールで各取引所に事情を説明してログインをお願いするようになるでしょう。その間、強制HODLとなるのは言うまでもありません。

上記の例はまだGOXを避けられるかもしれませんが、最悪なのは盗難です。スマホを盗んだ人が仮想通貨取引所のアプリで送金をすれば一瞬で築いた資産がゼロになる可能性もあります。二段階認証も同じスマホでやっていれば何も意味がありません。

私はこれらの事実に気づくと今自分が使っている壊れかけのスマホ(思春期に~少年から大人に変わる~)を使うことが恐ろしくなりました。

スマホGOX対策

①複数機の用意
普段使わないスマホを二段階認証に登録しておけば、万が一メイン機が故障してもカバーできます。

他にもAuthyというアプリもあるようでこちらはバックアップ機能もあるのでGoogle Authenticatorより優れているとのことです。

②安易にスマホに取引所アプリをインストールしない
もし悪意のある人があなたのスマホを盗って仮想通貨をやっていることを知ったら、その人は間違いなくウォレットを覗いて送金を試みるでしょう。外で頻繁に取引をしないのならば安易に取引所アプリをインストールすることはリスクです。せめて価格を見るだけのアプリにしておくなどしなければなりません。

③酔っ払わない
私の友人は酔っ払って1年に数回財布を無くし、数回スマホをなくしています。このようなことが起きないように酒は飲んでも飲まれるなですね。

結論「自己スキルと取引所規模で決めましょう」

私は今回の反省から以下のように決めました。

私はウォレット管理が得意では無いのでbitFlyerやcoincheckのような大手国内取引所なら取引所に預けておく、BITTREXやBINANCEもまあちょっと怖いけど許容範囲内?

CoinsMarketsやStock.exchangeのような魔界・地獄の取引所は怖いのでウォレットで管理する。何か起きた時は日本人コミュニティやツイッターで指示を仰ぐ。

ちなみに私は今週末に新しいスマホを買いに行く予定です!

本当に資産GOXは常に隣り合わせだということに今回は気付かされました(やっぱりJPYと日本の銀行って最高!?)。

ここで一句「いつまでも あると思うな 取引所」

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

現在スパム対策のプラグインを入れています。もしスパムでないのにコメント投稿できない場合にはお手数ですがツイッターでお声がけください。